このページの位置情報
  • TOP
    • 環境経営コンサルティング
      • 持続可能な開発目標

環境経営コンサルティング

持続可能な開発目標 [Sustainable Development Goals]


世界を変えるための17の目標

SDGs(持続可能な開発目標)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年の9月の「国連持続可能な開発サミット」で、国連加盟193か国が2016年.2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標が揚げられ、これが17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

カーボンフリコサルティグ株式会社の SDGsコサルティグ

カーボンフリーコンサルティング株式会社は、長年にわたる環境&CSRに特化したコンサルタントとしての豊富な実績から、SDGs戦略や対応すべき点を洗い出し、実現可能な適切な立案を致します。SDGsの柱となる、経済、社会、環境の調和を図ることを目指します。

SDGs戦略:企業戦略、組織改革、多角化戦略、新規事業戦略、IPO、財務/資金調達、生産管理の見直し等経営陣が抱える問題は多岐にわたります。またコーポレートガバナンス(企業統治)の為の組織作りは自社だけでは困難な場合が見受けられます。第三者による組織分析により効率的な組織変更を実施する事が可能です。SDGsはあるべき姿から出発するトップダウン型のアプローチであり、また未来のあるべき姿に向けて政策を積み上げていくBackcasting (バックキャスティング)と呼ばれる手法を取っています。

  1. 1 貧困の根絶(経済・社会開発)と持続可能な社会(環境の保全)の両立
  2. 2 不平等(格差)の是正
  3. 3 開発途上国だけでなく全ての国に適応される

これら3つのポイントによって作成された背景を踏まえ、経済、社会、環境の調和を図りながら事業運営を行うことを目指します。

地球規模での持続可能な社会への取り組みが強く要請されており、株主・投資家を始めとするステークホルダーからは、SDGsに配慮した経営戦略とCSR戦略との連携、つまりSDGs戦略が求められています。

カーボンフリーコンサルティング株式会社ではSDGs戦略のために、主としてSDGコンパスを用いて、現在組織として不足している点を洗い出します。

昨今注目されているESGに配慮しながら、SRI、ESG投資のクライテリアやImpact投資にふさわしい活動内容を構築していきます。

【内容】

  • 経営陣および担当部署へのヒアリング
  • 中長期ビジョンの策定と事業ドメイン(活動領域)の見直し
  • 内部環境分析(SWOT / PPM / バリューチェーン等のフレームワークを用いる)
  • 外部環境分析(5フォース/ブルーオーシャン戦略等のフレームワークを用いる)
  • 経営課題の提示
  • 財務分析
  • 分析範囲:組織全体、1商品、1部署等を一つと考えます。一つにつき上記の成果物を提供します。
  • 分析期間:ご依頼日から1ヶ月程度
  • SDGs戦略立案
  • CSR報告書作成
  • 投資家からの質問対応
  • コア・コンピタンス(真似のできない中核的能力)確立の為の戦略
  • SDGsブランディング立案
  • SDGsマーケティング戦略
  • 短中長期経営戦略
  • 会社概要
    • 会社概要
    • 代表からのご挨拶
    • スタッフ紹介
    • 沿革
  • 実績紹介
  • 採用情報
  • セミナー情報
  • 代表中西ブログ
  • スタッフブログ